顔がむくんでいる女性必見!意外なフルーツ(パパイア)でむくみを解消した方法をご紹介

アラサー、アラフォーになると、若いときとは異なり体の代謝も衰えてきます。中でも人目につきやすいのは、顔のむくみ。太ってもいないのにむくんで見えるのって、気になりますよね?

そこで、私の試してみた、フルーツを使ったむくみ解消法、ご紹介します!

1. 気になるフルーツ、それはパパイア

フルーツや野菜の輪切りを顔にはって、肌の潤いを保つという民間療法、よく見聞きしますよね?実は、パパイアはむくみに効くんです。方法は、簡単。パパイアの薄切りを顔に貼り付け、仰向けになって1~2時間くらいおくだけ。パパイアを取ってしばらくすると、アラ不思議、肌がつるつるするとともに、引き締まった感覚が得られるはずです。(もちろん、効果には個人差があります!)

2. 秘密は、たんぱく質分解酵素

パパイアのこの効果の秘密は、パパインという、たんぱく質の分解酵素です。パパイアを顔に貼り付けることによって、パパインが顔の皮膚に作用し、まずは顔の表面の余分な皮膚や角質を分解します。

そして、パパインがさらに浸透すると、顔の表皮のたんぱく質も分解されるので、顔の皮膚の細胞が盛んに表皮の再生産を始め、代謝が高まります。この作用によって、顔全体の老廃物がどんどんどんどん代謝されることで、皮膚の若返りと引き締め効果がえられるわけです。

3. お肌の弱い人はご注意を!

この方法、もちろん、いいことばかりではありません。注意事項があります。それは、肌の弱い方にはお勧めしないということです。理由は、たんぱく質分解酵素のパパインが効きすぎて、大事なお肌の皮膚まで分解し、肌を傷つけてしまうから。

もし、敏感肌の人で、どうしても試してみたいという人は、パパイアを顔に貼り付ける時間を、最初は10~15分くらいにしてみると、いいかもしれません。

また、パパイアを貼り付ける前に、肌を清潔にしておくことも、効果をきちんと実感するためには、とても重要です。

4. 実は、ほかのフルーツも・・・

たんぱく質分解酵素が含まれているのは、実は、パパイアだけではありません。例えば、パイナップルです。よく中華料理の酢豚にパイナップルを入れていることがありますよね? あれは。パイナップルの酵素が、豚肉を柔らかくする効果を期待しているのです。

もう一つが、キウイ。キウイを食べると、口の中が少しだけイガイガしますよね? あれは、キウイのたんぱく質分解酵素が、口の中の粘膜のたんぱく質を、少し分解しているところなのです。

食べておいしい、貼ってうれしいフルーツ。お悩みの方は、一度お試しあれ!

おすすめの「むくみ改善サプリ」のご紹介

顔のむくみパンパンで悩んでいる方の為に、むくみ改善サプリメントで特におすすめの「するるのおめぐ実」についてご紹介します。

するるのおめぐ実は、足のむくみをすっきりさせる美脚サプリメントです(顔のむくみにももちろん効果あります)。1日2粒と非常に簡単に接収することができ、価格は初回限定で980円(税込・送料無料※すらっと定期便)。1日僅か90円から始められます。

また、むくみ対策に効果がるカリウムやビタミン、ミネラルが豊富に配合されており、足のむくみ対策とともに小顔効果ももたらしてくれます。下記から公式Webサイトに行けますので、気になった方は是非ともチェックしてみてはいかがでしょうか。

するるのおめぐ実の商品詳細はこちら

このページの先頭へ